一度行けば良い…

In Uncategorized by keikodamaikadaLeave a Comment

ヴァレリ・アサティアニ、言葉は全く通じない。 最初からそう思い込まれていた(彼が正しい)。 だから小学校の先生を通訳としてで呼び、私たちを待っていた。 本当にとても良い人、心からそう思う。 問題は彼のいる場所。 根っこさんが客を連れて行った時も、呆れられたらしい。 本当に凄いところ(改修されていなければ)。 彼の村オルフヴィ村は、ジョージア西部の街クタイシの北、 極悪路を二時間ほど登った山奥にある。 さすがにプロメテウスが磔になった地の側であり、 雨の日には四駆でも行くのをためらうほどの僻地だ。 プロメテウスの名に、そしてそれが神話でなく実話かもしれないと思うと ワクワクしてくるが、でもあそこへは一度行けば、もうそれでいい…。 それほど険しいところ。 あの感動をもう一度(21)Maika’s Adventures in Wonderland